株式会社戸畑ターレット工作所

非鉄鍛造・アルミダイカスト・精密切削加工のエキスパート企業

戸畑ターレットについて

  • 戸畑ターレットとは
  • 会社概要
  • 沿革
  • 会社の取り組み
  • HOME
  • 戸畑ターレットについて

現在の北九州市戸畑区でターレット旋盤を用いて創業したことが、社名の由来となっています。
創業時は、お客様より鋳物素材を支給していただき、機械加工を行うことからスタートしました。その後、素材から手掛けたいという思いから、非鉄鍛造、アルミダイカスト、回転摩擦圧接などの塑性加工技術の導入を進め、今日に至っております。このように複数の塑性加工技術を保有しているのは、中小企業としては珍しく、多様なコア技術でお客様のご要望にお応えすることを強みとしています。近年は産学官連携による技術開発にも力を入れており、差別化技術の開発にも取り組んでいます。

品質を製品の出来栄えだけでなく、お客様に提供するものすべてと捉え、お客様の期待以上のものを提供することを目標に取り組んでおります。
社員満足・顧客満足の向上、地域貢献を方針に掲げ、社員が働きやすい、やりがいを持てる環境を整えることで、お客様により良いものが提供できると考え、人材育成・社内行事を通してのコミュニケーションの充実などにも力を入れています。
また、インターンシップの積極的な受入やダイバーシティ経営の考えで、多様な方に活躍していただくことで地域に貢献できるように取り組んでおります。

社是

覇気・誠実・廉価

社訓

一、現状認識と対応の確立 一、全員参加の自主管理活動 一、開発に依る企業革新と発展

経営理念

我が社は、『覇気・誠実・廉価』を企業文化とし、お客様に喜ばれ、感動を与える『ものづくり』を通じ、社員の幸せと豊かな社会づくりに貢献する。

TOPへ戻る

会社概要

屋号
株式会社 戸畑ターレット工作所
創立
1962年12月(昭和37年)
資本金
2,200万円
従業員
250人(平成28年4月現在)
年商
23億円(平成28年3月)
主要取引銀行
三菱東京UFJ銀行、福岡銀行、北九州銀行、西日本シティ銀行
代表者
代表取締役社長 松本 大毅
主要取引先
  • 自動車部品事業
    • 日軽産業株式会社(小糸九州株式会社)
    • アイシン九州株式会社
    • アイシン九州キャスティング株式会社
    • トヨタ自動車九州株式会社
    • ダイハツ工業株式会社
    • THKリズム株式会社
    • 明石機械工業株式会社
    • 愛三工業株式会社
    • アスモ株式会社(株式会社デンソー九州)
  • 電力部品事業
    • 古河電工パワーシステムズ株式会社
    • 株式会社安川電機
    • 大電株式会社
    • 西日本電線株式会社
    • 三菱電線工業株式会社
  • 住宅設備部品事業
    • TOTO株式会社
    • サンアクアTOTO株式会社
    • 空研工業株式会社
所在地

<本社工場>
〒800-0211 北九州市小倉南区新曽根11-31(北九州工業団地内)
TEL:093-471-7403 FAX:093-471-7808

お車
九州自動車道 小倉東インターより約15分
電車
JR下曽根駅よりタクシーで約10分

<第二工場>
〒800-0205 北九州市小倉南区沼南町3-18-15
TEL:093-475-8864 FAX:093-475-8865

お車
九州自動車道 小倉東インターより約15分
電車
JR下曽根駅よりタクシーで約10分

<第三工場>
〒800-0211 北九州市小倉南区新曽根11-21

お車
九州自動車道 小倉東インターより約15分
電車
JR下曽根駅よりタクシーで約10分

TOPへ戻る

沿革

創業者
松本千代鬼
1962~1988
創業 1962年12月 親会社(株)戸畑製作所より独立し、戸畑区に於いてターレット旋盤による水栓金具の切削加工で操業開始
1964年03月 現在地小倉南区曽根の北九州工業団地に移転
1978年04月 鍛造技術の研究開始
1981年09月 鍛造及び金型部門の充実強化のため社屋を増築
1988年05月 電力部品事業開始
2代目
松本敏生
1988~2007
塑性加工(鍛造・鋳造)への挑戦 1992年02月 コマツ社製250t冷間鍛造プレス導入
1993年05月 資本金を2,000万円に増資
1993年10月 榎本社製400t熱間鍛造プレス導入
1994年10月 イタリア・メコール社製200t全自動鍛造プレス導入、3D-CAD導入
2001年06月 難形状の冷間鍛造工法研究開発(北九州市助成金)
2004年06月 銅・タングステンの圧接技術及び冷間鍛造新技術(北九州市助成金)
2005年04月 メタルグッズ事業(自社製品)スタート
2005年06月 トヨタ自動車九州(株)による体質改善指導開始
2006年04月 自動車部品事業開始
2006年06月 3次元測定機導入
2007年01月 第2工場 自動車事業部 稼動開始
2007年01月 ISO 9001:2000 認証取得
2007年09月 アルミダイカスト事業スタート
3代目
清永誠
2007~2014
産学官連携 2008年07月 「戦略的基盤技術高度化支援事業」採択(経済産業省)
2008年12月 300tサーボプレス導入(研究開発用設備)
2009年7月 資本金を2,200万円に増資
2011年7月 「先端技術実証・評価設備整備等補助金」採択(経済産業省)
2012年7月 「国内立地推進事業費補助金」採択(経済産業省)
4代目
松本大毅
2014~
事業拡大 2015年8月 第二工場増築
第三工場新設(本社隣接の工場を買取)

TOPへ戻る

会社の取り組み

ダイバーシティ経営

当社は、自動車部品事業を中心に事業拡大しており、それに伴う多くの人材を必要としていますが、多様な人材を積極的に活用するダイバーシティ経営に取り組んでいます。
当社が定める多様な人材とは、60歳以上のシニア人材、障がいをお持ちですが積極的に社会参画する意志のある障がい者人材、子育て中の女性人材、日本語が話せる外国人材です。以上の方々の積極的な採用を行い、北九州地域の雇用拡大に貢献していきます。

会社行事

当社は、職場でのコミュニケーションを図り団結力高めるため、社員旅行や各グループで職場会を実施しています。

社内報

当社では、会社情報の共有や社員間のコミュニケーションツールとして、社内報を発行しております。

TOPへ戻る